キャッシングと総量規制の関係について確認してみましょう

消費者金融では総量規制内の借入れを

 

キャッシングで大きな金額の借り入れを希望しても、実際には50万円程度の金額の借り入れしか認められないということが多いようです。「それならば50万円ずつ10社から借り入れれば500万円になるだろう」と考える人がいるかもしれませんが、現在のキャッシングではこれは難しくなります。現在は消費者金融系のキャッシングには、借り入れの上限を制限する「総量規制」が適用されています。総量規制は過剰な融資により利用者が多重債務に陥ってしまうことを防ぐために導入された規則なのですが、大きな金額の借り入れを希望する場合には総量規制が足かせとなってしまうことがあるのです。今回はキャッシングと総量規制の関係について、さらに詳しくチェックしてみたいと思います。

 

総量規制とはどのような規制なのでしょうか?

 

総量規制はキャッシングなどで借り入れが可能な上限額を、最大で年収の3分の1までに制限する規則になります。総量規制は貸金業法という法律に基づく規則であり、貸金業者である消費者金融信販会社などが提供するキャッシングに対して適用されるのです。ちなみに現在各種金融機関が提供をしている融資には主に4つの種類があり、それぞれ「個人向け貸付」「法人向け貸付」「個人向け保証」「法人向け保証」となっています。この中の「個人向け貸付」に対して、総量規制は適用されるのです。

 

総量規制が適用されない場合もあります

 

各種の融資の中には、総量規制が適用されない場合などもあります。例えば家や車の購入個人事業医療費緊急の出費などのための融資であり、これを長期的に返済するという場合には、総量規制は適用されないのです。例えば年収が300万円の人がすでに総量規制による限度額となる100万円を借り入れている場合には、新規のキャッシングに申し込んでもこれを利用することはできません。しかし家や車の購入を前提とした融資であれば、これを借り入れることが例外として認められるのです。

 

借り入れの状況は信用情報機関に登録されています

 

キャッシングなどで借り入れが認められる金額は、総量規制により最大で年収の3分の1までに制限されます。すでに他社からの借り入れを利用している人の場合には、新規のキャッシングに申し込む際に「黙っていればわからないだろう」などと考えるかもしれませんが、実際には借り入れの状況はすぐにわかってしまうのです。キャッシングを提供している消費者金融や銀行などの金融機関では、利用者に関する各種の情報を信用情報機関に登録しています。

 

キャッシングの審査ではこの信用情報機関に対して情報の照会が行われますので、他社借り入れの状況をごまかして申請してもすぐにバレてしまうのです。申込書に記載された内容と信用情報機関に登録された内容に違いがあると、「この人は信用できない人なのではないか?」と疑われて、キャッシングの審査には通らなくなってしまいます。嘘の申請をすると金融機関からの信用を失って不利になりますので、くれぐれも正しい内容を申告することを心がけるようにしてください。

 

年収の3分の1以上の金額を借り入れることはできないのでしょうか?

 

これまでに解説したとおり、総量規制による制限が適用されると年収の3分の1を超える金額の借り入れは認められなくなります。それではキャッシングでは年収の3分の1以上の金額を借り入れることはできないのでしょうか。総量規制は貸金業者を規制する「貸金業法」という法律に基づいた規則ですから、貸金業者に該当しない銀行が提供するキャッシングには適用されません。またおまとめローンなどの場合には例外として、年収の3分の1以上の金額を借り入れることが認められています。それぞれについて詳しく確認してみましょう。

 

銀行系キャッシングについて

 

銀行は貸金業者には該当しないため、銀行系キャッシングには貸金業法に基く総量規制は適用されません。ちなみに銀行には「銀行法」という法律が適用されることになります。銀行系キャッシングは比較的低金利大きな金額の借り入れが認められることが特徴です。ただし有利な条件で利用できる分だけ審査は厳しく行われますし、さらに審査に時間がかかるため即日融資を利用することは難しくなります。

 

おまとめローンについて

 

おまとめローンは複数の借り入れを借り換えなどにより一つにまとめて、返済をしやすくすることを目的としたローンになります。おまとめローンを活用すれば返済日が月に1度になりますので、返済の手間管理の負担などを軽減することができます。また上手に活用すれば事前よりも低金利で借り換えることができますので、利息の負担を抑えて返済総額を減らすことなどもできるのです。

 

→大きな借入れも安心のおまとめローンランキング

 

大きな金額の借り入れを希望するのであれば銀行系キャッシングに申し込んでみてください

 

今回はキャッシングと総量規制の関係について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。総量規制は過剰な融資が原因で利用者が返済不能に陥ってしまうことを防止することを目的とした規制なのですが、借り入れの上限が規制されてしまうため面倒だと感じている利用者なども多いようです。

 

総量規制により消費者金融系キャッシングの借り入れの上限は最大で年収の3分の1までに規制されますので、それ以上の金額の借り入れを希望するのであれば総量規制が適用されない銀行系キャッシングに申し込んでみてください。ただし銀行系キャッシングでは消費者金融系キャッシングよりも厳しい審査が行われますので、実際に年収の3分の1以上の金額を借り入れることは難しいかもしれません。

おすすめキャッシングランキング

アイフル

アイフル



オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム


消費者金融系のキャッシングには総量規制が適用されます!借り入れの限度額は最大で年収の3分の1までに規制されます関連ページ

年末年始でもキャッシングで即日融資を利用することはできるのでしょうか?借り入れは可能ですが審査を受けることは難しいようです
ゴールデンウィーク中でもキャッシングを利用することができます!消費者金融業者の多くではゴールデンウィーク中にも営業を行っています
キャッシングを利用している人が死亡した場合にはその後どうなるのでしょうか?借金についても基本的には相続の対象となります
複数のキャッシングの利用は不利になることが多くなります!キャッシングの利用は1社に絞った方がメリットが大きいようです
キャッシングにスムーズに申し込むためのポイントをご紹介します!申し込みの際には3つのポイントに注意をしてください
消費者金融系キャッシングと銀行系キャッシングのそれぞれのメリットとデメリットを確認してみましょう!具体的にはどのような違いがあるのでしょうか
キャッシングで土日祝日に即日融資を利用することはできるのでしょうか?土日祝日の即日融資に対応するキャッシングをご紹介します
キャッシングに申し込むためにはどのような書類を準備すればよいのでしょうか?基本的には申込者の身分を証明できる書類が必要になります
キャッシングの3件規制とはどのような規制のことなのでしょうか?キャッシングの借り入れが3件以上になると新規の借り入れが難しくなります
即日融資を確実に利用するためにはどうすればよいのでしょうか?キャッシングで即日融資を利用するための方法について確認してみましょう
キャッシング選びでは金利とスピードの条件が重要になります!低金利でスピーディーな借り入れが可能なキャッシングに申し込むようにしましょう
キャッシングの利用限度額については増額を申請することができます!ただし確実な利用履歴を積み重ねて信用を獲得することが必要になります