キャッシングの利用限度額を比較。多く借りたいときには必見です。

専業主婦のキャッシングについて

専業主婦がキャッシングを利用する際には、通常の申し込み方法に加えて、様々な書類を提出しなくてはなりません。例えば、免許書などの身分証明書、配偶者の源泉徴収票、また、婚姻関係を証明するための婚姻証明書と主婦が借り入れをするという事について同意している同意書など様々な書類の提出が必要になります。また、貸付の際の審査では、社会人であれば、職場に在籍確認の電話が入るのですが、専業主婦の場合、申し込みを行った時の住所に電話して、実際に住んでいるのか確認しています。

 

専業主婦は無収入扱いになってしまいます

専業主婦は仕事についておらず、一定のの収入がないため、無収入とみなされるので、配偶者の年収を参考にキャッシングが可能になります。また、同じ主婦であっても、パートとして働いており、収入がある場合は、年収の三分の一の範囲で貸付が可能ということになります。専業主婦の家族に隠れて借入が社会問題となり、現在は、総量規制により、以前と違って、配偶者の同意が必要となったので、キャッシングを申し込むにあたって、家族に内緒で行うということができなくなりました。

総量規制対象外ならキャッシング可能

しかしながら、専業主婦でも同意書がなくとも貸付が可能な場合があります。それが、銀行のキャッシングです。銀行は、総量規制の対象外ですので、収入ない専業主婦でも借り入れは可能です。ただし、返済能力がない専業主婦が借りることにより、返済トラブルに陥る事も十分に考えられるので、返済に自身がないのであれば、キャッシングは慎重に行うべきです。また、銀行のキャッシングは審査も厳しい傾向にあります。配偶者の同意がなく貸付を行うことに対して、消極的です。仮に、審査が通ったとしても、借り入れられる限度額はとても低いものになります。

※オリックス銀行…毎月安定した収入のある方