キャッシングの利用限度額を比較。多く借りたいときには必見です。

審査に必要な収入証明とは

収入証明書とは、個人の収入を証明するための書類のことです。通常、収入証明書は以下の書類を指します。

2ヵ月分以上の給与明細(直近3ヵ月以内)

課税証明書

源泉徴収票

確定申告書(個人事業主の場合)

いずれも写しを提出することになります。これらの書類がそれぞれどのようなものか、解説してみましょう。

給与明細

勤務先の会社から受け取った月給の明細票で、直近2〜3ヵ月分が必要になります。明細票には、企業名、氏名、年月が明記されていなければなりません。最低2ヵ月分が必要になりますが、証明書として、直近3ヵ月以内の明細のみが有効です。また、賞与明細書があれば、年収額に含めて計上できるので、一緒に提出しましょう。

課税証明書

代表的なものは、住民税の証明書です。住民税は昨年1年間の収入から算定されるという性質上、証明書には所得金額も明記されています。すなわち、これが公的に収入を証明する書類ということになります。

源泉徴収票

所得が確認できるだけでなく、その会社に確かに在籍しているという事実も確認することができます。サラリーマンの方にはおなじみの源泉徴収票ですが、キャッシングの審査にも有効な書類となっています。

確定申告書

法人または個人事業主、あるいは副業で収入のある方も作成する「確定申告書」。キャッシングの審査において、確定申告書が求められるのは個人事業主の方がほとんどとなっています。

 

なお、これら収入証明書が必要ないケースもあります。希望する借入金額が50万円以下であれば、通常は収入証明書を求められません。ただし要求される場合もあるので、少額の借入でも収入証明書を用意しておいた方が無難ではあります。

おすすめキャッシングランキング

アイフル

アイフル



オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム