キャッシングは自由な目的のために利用できるフリーローン

キャッシングを上手に利用する

キャッシングを上手に利用する-キャッシング利用限度額比較ランキング

 

キャッシングは私たちの生活に身近な金融商品です。従来ははいわゆる「サラ金」のイメージが強かったのですが、その後貸金業法が改正されたことなどにより、現在のキャッシングはクリーンで利用しやすい金融商品となっています。キャッシングについては、その特徴や利用方法などがよくわからないという人なども多いようです。今回はキャッシングの特徴や利用方法などについて詳しくご紹介しますので、キャッシングに申し込む際の参考として活用してみてください。

 

キャッシングとはどのような金融商品なのでしょうか?

 

キャッシングは、一般消費者である個人を対象とした融資です。例えば事業を始める場合などには、銀行などに融資を申し込むことになるでしょう。大きな資金の借り入れが必要になりますので厳しい審査が行われますし、また保証人や担保などを準備することが必要になるかもしれません。一方のキャッシングの場合には個人を対象とした融資であり、借入額は数万円から数十万円程度である場合が多くなります。キャッシングは利用者の信用に基づいて融資が行われることが特徴であり、保証人や担保なしで借り入れを申し込むことができるのです。キャッシングに申し込むと審査が行われ、申込者の職業や勤務先や年収などにより返済能力が判断されます。審査に通過することができれば利用限度額の範囲内で、自由に借り入れを行うことが認められるのです。

 

キャッシングと一般ローンでは何が異なるのでしょうか?

 

金融機関ではキャッシング以外にも、住宅ローンや自動車ローンや教育ローンなどの一般ローンを提供しています。キャッシングと一般ローンでは、具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

利用目的が異なります

 

住宅ローンや自動車ローンや教育ローンなどの一般ローンの場合には、最初から利用目的が決められています。住宅ローンは住宅の購入資金を借り入れるためのローンになりますし、自動車ローンは自動車の購入資金を借り入れるためのローンになります。一般ローンではあらかじめ決められた利用目的のために活用することを条件として融資が行われますので、借り入れた資金をその他の目的のために利用することはできないのです。キャッシングは利用目的が限定されないフリーローンになりますので、借り入れた資金は自由な目的のために活用することができます。生活費を補填するために利用することもできますし、旅行や買い物などのために利用することもできます。またあまりおすすめはできませんが、ギャンブルや借金の返済のために利用することもできるのです。ただしキャッシングはあくまでも個人としての利用を前提とした金融商品になりますので、ビジネスなどの事業資金として利用することはできません。

 

利用限度額の範囲内で何度でも自由に借り入れを利用することができます

 

キャッシングの審査に通過すると、利用限度額(借入限度額・融資限度額)が決定される事になります。キャッシングでは認められた利用限度額の範囲内であれば、何度でも自由に借り入れを利用することができるのです。例えば利用限度額として50万円が認められた人の場合には、最初に10万円を借り入れてもさらに40万円までの借り入れを利用することができるのです。また借り入れを返済すれば再度借り入れを利用することができます。認められた限度額の範囲内であれば、借り入れや返済が何度でも可能になるのです。

 

柔軟な返済方式が採用されています

 

一般的なローンの場合には契約の際に月々の返済期間や返済額などが決定され、これに従って実際の返済を行うことになります。一方のキャッシングの場合には柔軟な返済方式が採用されていますので、ライフスタイルなどに応じた無理のない返済を行うことができるのです。多くのキャッシングではリボルビング方式が採用されているのですが、この方式ではあらかじめ決められた最低返済額以上であれば自由な金額の返済が認められています。例えば月々の最低返済額が1万円であれば、返済が苦しい月には1万円だけを返済して、返済に余裕がある月には2〜3万円を返済することなどができるのです。ただし月々の返済額を減らした場合には、その分だけ返済が長期化してトータルの返済額は増加することになります。返済に余裕があればできるだけ多めの返済をして、早期の完済を目指すことをおすすめしたいと思います。

 

金利は若干割高になります

 

キャッシングの場合には一般ローンと比較をすると、金利が若干割高になることが多くなります。キャッシングは保証人や担保なしで利用者の信用に基づいて融資を行う金融商品になりますので、高めの金利を設定することにより貸し倒れのリスクに備えているのです。たとえば住宅ローンなどの場合には金利は2%程度に設定されているのですが、キャッシングの場合には金利は18%程度に設定されていますので、特に大きな金額を借り入れる場合や返済が長期となる場合などには注意が必要になります。キャッシングを利用するのであれば必要な金額だけを借り入れて、できるだけ早めに返済してしまうことを心がけてください。キャッシングはくれぐれも計画的に活用するようにしましょう。

 

低金利のキャッシングなら→低金利キャッシングランキング

 

キャッシングは少額の借り入れを短期で利用することに適した金融商品です

 

今回はキャッシングの特徴や利用方法などについてご紹介しました。キャッシングは自由な目的のために利用することができる金融商品であり、個人向けの少額融資を対象としています。柔軟な利用方法が認められているのですが、その一方で金利については若干割高になります。キャッシングはちょっとしたお金を借り入れてすぐに返済してしまうといった使い方に適した金融商品です。利用目的が決まっている場合や大きな金額を長期で借り入れたい場合などには、利用目的に応じた一般ローンなどへの申し込みを検討してみましょう。

おすすめキャッシングランキング

アイフル

アイフル



オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム