キャッシングの利用限度額を比較。多く借りたいときには必見です。

審査を通らなければキャッシングは始まらない

キャッシングの際、必ず必要になるのが借入審査です。
消費者金融であれ、銀行であれ、どこであろうとも審査に通過しなければ借入を行う事は出来ません。
この審査に通り難く、またキャッシングで借入をする事が難しいというのはどういった方になるでしょうか。

 

安定した収入があるか?

多くのキャッシング業者では、借入可能条件で安定した収入があることを条件として明記しています。
そのため無職の方やフリーターの方では、残念ながら収入が不安定と見なされ審査が非常に厳しいものになると言わざるを得ません。
一方で専業主婦・主夫であり夫・妻が定職に就いていれば、安定した収入と見なされるのでこの限りではありません。
ただし夫・妻に安定した収入がある専業主婦・主夫として借入を行うと、限度額がやや低めに設定されることが多いようです。
それでも審査次第では50万円までの借入が行えるようです。

 

ご自身の信用度について

次に、過去10年以内に自己破産や任意整理を行った事がある方は、キャッシング会社側のブラックリストに入っていること可能性が非常に高くなります。
これはつまり、破産などの情報は信用情報機関によって記録されるので、これを確認したほとんどのキャッシング会社では「信頼に値しない顧客」と見なしてしまうのです。
信用情報機関が破産の情報を握っている限り、キャッシングだけでなく住宅ローンやショッピングローン、クレジットカードの契約すらもまず不可能になると考えていいでしょう。
この情報はおおむね10年で価値を失うとされており、自己破産や任意整理を行ってしまうと、その後10年間は一切の借入は不可能になると考えてしまって間違いはないでしょう。
さらに10年間というのはあくまで目安に過ぎず、実際には10年以上経過しても破産の情報が審査で不利な条件に働く事が多いようです。

 

様々な支払いの延滞はマイナス材料

同じような理由から、公共料金や携帯電話料金、あるいは現在の借入について、返済・支払いの滞納や延滞があると、やはり「信頼に値しない」と見なされます。

 

何度も申し込みを繰り返すとブラックにになる

過去数ヶ月以内に複数回のキャッシングを申し込んでいる場合も、審査においてマイナスの判断基準となり、この状態は俗に「申込みブラック」などと呼ばれています。
申込みブラックに陥るのは、どうしても借入が必要なのに借入審査を通過できないといったシチュエーションが多いようです。
つまり借入が必要なのに審査を通過できなかった、だから別のキャッシング申込みを行ったが、やはり通過しない……これを繰り返す事で、気づけば複数回の申込みになってしまうわけです。
申込みブラックと見なされるような申込み回数の限度は、キャッシング会社や銀行で異なっています。
平均的に見ると、おおむね1ヶ月以内に2〜3回、6ヶ月以内に3〜5回の申込みを行っていると、申込みブラックと見なされ、審査に悪影響を及ぼすようです。これを避けるためにも、改めて申込みを行う場合には最低でも1ヶ月の冷却期間をおき、自分の状況を鑑みてもっとも審査を通過しやすそうなキャッシング業者を選ぶといいでしょう。

 

職場への在籍確認が必要

最後に、職場での在籍確認ができない・難しい人もまた、審査が非常に厳しいものになります。
在籍確認は借入審査の際、銀行やキャッシング業者が申込み書類の真偽確認の一環として執り行うものの1つになります。これはまず確実に行われると考えて間違いありません。
この際、在籍の真偽にかかわらず確認が行えなかった場合、審査を通過することはまず不可能になると言っていいでしょう。
このため、キャッシングを申し込んだ後には事務担当者など職場の誰かに、自分宛の電話があるかもしれない旨を必ず知らせておきましょう。
誰かも判らないような相手に、わざわざ社員の情報を漏らす会社はありません。急に知らない相手から電話を受けて何某は在籍しているかと聞かれても、「そんな人はいません」と返答するのが普通です。
あらかじめ根回しをしておかなければ、不審な電話として処理され、キャッシング会社が在籍確認が行えないこともありえます。

 

職場にキャッシングをした事を知られるのは気が引けるものですから、電話がある理由を聞かれたら「クレジットカードを作ったので」などと伝えておけば大丈夫でしょう。

おすすめキャッシングランキング

アイフル

アイフル



オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム