プロミスのメリットWEB完結と無利息キャッシングを詳しく解説

プロミスの利用の最大のメリットWEB完結と無利息キャッシング

プロミスは、金融業界最大手のSMFGグループのSMBCコンシューマーファイナンスが運営しています。
実質年率4.5%〜17.8%の低金利が売りですが、さらに、はじめて借入をする利用者を対象に無利息で利用ができるサービスを実施するなど、利用者の立場になって考えられたサービスが人気です。
無利息サービスは、初めて借入をする人が対象で、条件を満たした利用者に対して30日間利息無料での融資を行うものですが、期間中に追加で借入を行っても期間内であれば利息がかからないというお得なサービスです。また、無利息期間の間に返済を完了し、再度借入を行った場合にもサービスが適用されます。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

 

新規の方対象の無利息サービス

サービス利用の際に気をつけたいのは、新規で借入をする人限定であることと、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要であることです。既にプロミスより借入を行ったことがある人には適用されませんので注意しましょう。また、30日間無利息で利用する場合に、期間中に返済を完了できない場合は未返済の借入額に対して通常の利息が適用されます。サービスは好評につき随時実施されていますが、無利息でお得に利用出来るこの機会をどうか逃すことなく賢く借入を行うのがお勧めです。

 

レディースキャッシングなどのサービスが人気 「プロミス」

プロミス

 

プロミスの大きなメリットWEB完結なら、1度も店舗に足を運ばずに申込から契約、借入、返済までもが可能!

カードローンでは一般的な申込方法となったネット申込ですが、ネットから申込はできても契約を結ぶことはできません。店頭窓口や自動契約機などの店舗に足を運ばずに申込が行なえるというところが最大の魅力ではありますが、結果的には契約を結ぶために足を運ぶ必要があります。ですが、日中に時間が取れずになかなか足を運べない人、中には店舗に入店するところを知り合いに見られカードローンの利用を知られてしまうのではないかと危惧している人もいるのではないでしょうか?そんな人におすすめしているのが、プロミスのWEB完結です。WEB完結についてまだ知らない人も多いと思うので、今回はプロミスのWEB完結について詳しく見ていきたいと思います。

 

プロミスのWEB完結

 

プロミスのWEB完結では、申込から借入、返済に至るまでの作業を全てネットから行うことができます。書類の提出、契約もネットから行うため郵送物が届くこともありませんし、借入方法は口座振込、返済方法は口座振替となっているためローンカードも必要ありません。また、申込も24時間受け付けているため、パソコンやスマートフォン、携帯などのネット環境があれば、いつでもどこからでも申込が可能となっています。

 

WEB完結の流れ

 

申込から借入、返済に至るまでのWEB完結の流れを確認しましょう。

 

申込

 

まずはプロミスのホームページにアクセスし、ネットから申込を行います。氏名、生年月日、借入状況といった入力項目を埋めていきましょう。その際、契約手続き方法を「WEB」と選択するのを忘れないでください。

 

書類の提出

 

申込完了後、登録したメールアドレスに「書類提出のお願い」というメールが届きます。本人確認書、必要な人は収入証明書も併せて提出します。必要書類に関しては後ほど説明します。提出方法は、プリンターでパソコンに取り込んだものやカメラなどで撮った書類の画像を送信してください。また、プロミスのスマホアプリをダウンロードして、そこから提出するという方法もあります。

 

審査

 

書類の提出が済むと直ぐに審査が始まります。およそ1時間程の審査ですが、最短30分で終わることもあります。審査結果は電話かメールで受け取れます。

 

返済方法の選択

 

審査通過後は返済方法を選びます。「ATM返済」か「口座振替」の2つから選べますが、カードレス、郵送物なしで利用したい人は口座振替を選択してください。口座振替を選択したら、続けて口座振替を行う金融機関を登録します。登録した金融機関で既に本人確認が完了していれば、別途の契約は不要になります。そうでない人には後日契約書が郵送されます。つまり、WEB完結を利用するには返済方法を口座振替に選択することが条件となります。因みに、口座振替を選んでも、後々ローンカードを発行することは可能です。

 

借入、返済

 

ここまで完了して、いよいよ借入です。会員サービスの瞬フリやプロミスコールから口座への振込を申し込みましょう。返済は返済期日になると口座から自動的に引き落とされます。返済期日は登録する口座によって異なるため注意してください。この事に関しても後ほど説明します。

 

瞬フリを活用

 

先ほど、瞬フリという言葉が出てきましたが、瞬フリはプロミスのホームページで利用できる会員サービスの1つです。簡単に言うと、24時間365日ネットから振込キャッシングを申し込むことができるサービスです。
ただ、このサービスの優れているところは、振込先の口座を三井住友銀行かジャパネット銀行のものにすると24時間365日(メンテナンス時間を覗き)最短10秒でお金が振り込まれます。通常、銀行の営業時間外の振込は翌営業日にまで反映されないのですが、上記した2つの銀行口座に限り24時間365日最短10秒で振込キャッシングを受けることができるんです。会員サービスはプロミスのホームページからログインして利用します。ログイン方法には2つあり、ローンカードに記載されたカード番号と
暗証番号を使った方法とWEB-IDと暗証番号を使った方法があります。WEB完結を利用する人にはカードの発行を行なわないので、WEB-IDを使ったログインをおすすめします。
WEB-IDの入手方法は、プロミスのホームページの「WEB-IDをお持ちではない方はコチラから」とのフォームで会員番号とメールアドレスを入力し、「実行」をクリックすると、入力したアドレスにWEB-IDの記載されたメールが届くので、同時に暗証番号も決める、という手順になっています。

 

提出が必要な書類

 

申込がWEB完結であっても提出する書類に変わりありません。必ず必要なのが本人確認書です。本人確認書として有効なものを以下にまとめました。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • パスポート
  • マイナンバーカード

 

顔写真の付いたものや日頃から頻繁に使うものの方が好ましいので運転免許証が最も理想的です。また、外国籍の人は特別永住者証明書か在留カードが必要になります。基本的には本人確認書の提出のみで大丈夫ですが、1度の借入で50万円を上回ったり、今回の借入で他社の借入も含め借入総額が100万円を上回る場合には、併せて収入証明書の提出も求められます。収入証明書として有効なものは以下の通りです。

 

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 所得証明書
  • 住民税決定通知書

 

収入証明書は直近のものをまとめて提出するのが好ましいです。給与明細書を提出する場合、併せて1年分の賞与明細書も提出してください。

 

口座振替の期日

 

口座振替の返済期日は登録する銀行口座によって異なります。三井住友銀行とジャパネット銀行の口座を登録した場合、返済期日は、5日、15日、25日、末日のいずれかから選べます。その他の銀行口座の場合、毎月5日が返済期日となっています。また、引き落とし後、借入残高に反映される時間にも違いがあります。三井住友銀行とジャパネット銀行の場合、引き落とされた当日に反映されます。その他の銀行の場合、引き落とされた3営業日後に反映されることになります。

 

まとめ

今回はプロミスのWEB完結について見てきたしたが、どうでしたか?WEB完結は仕事などで時間に余裕がない人や周囲にカードローンの利用を知られたくない人などに非常におすすめの申込方法です。また、カードレスということもあり「カードを紛失する心配がなくなった」などの声も挙がっています。カードローンに対してマイナスなイメージを持つ人は多くいると思います。WEB完結がその全てを解決できる訳ではありませんが、よりカードローンを使いやすく、利便性の高いものにしているのは確かです。これからプロミスを利用する人は是非WEB完結での申込を検討してみてください。

 

プロミス公式サイトへ

おすすめキャッシングランキング

アイフル

アイフル



オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム