プロミスの融資方法・返済方法は便利

プロミスの借入方法・返済方法

プロミスの人気の理由の一つが、借入・返済にかかる利便性です。借入審査が完了すれば、プロミス会員サイトからログインして24時間、365日いつでも指定の口座への振込申込みが可能です。気になる融資スピードも、プロミスなら平日の朝9時から午後3時頃までスピーディーな振込を実施しており、月曜の深夜から早朝にかけて行うメンテナンス時を除いて、時間外や夜間の申込みなら翌日中に、土日祝祭日なら遅くとも翌営業日までに確実に振込ができるよう徹底しているため、急遽お金が必要という場合でも安心です。

 

また、同系列の三井住友銀行やジャパンネット銀行に口座があれば、これらの口座情報を届け出ることで時間外の振込が可能なため、定期メンテナンス時を除いて24時間いつでも借入ができるようになります。さらに、口座を持っていても事前に届け出ができていないという場合であれば、プロミスコールを利用して電話から振込を依頼することもできます。そのため、いざという時に備えて三井住友銀行やジャパンネット銀行に口座をつくっておくと重宝します。

 

レディースキャッシングなどのサービスが人気 「プロミス」

プロミス

 

コンビニATM利用可能で便利

これらの方法以外にも、全国各地に設置されたプロミスのATMはもちろん、提携している各銀行やコンビニなどでも利用ができるため、ライフスタイルに合わせて借入方法を選びやすいのがプロミスの魅力です。また、返済方法についてもプロミス店頭やATMをはじめ、コンビニ、提携銀行からの振込など自分に合った返済方法が選べます。提携銀行のネットバンキングを利用すれば24時間いつでもどこでもパソコンや携帯電話から返済が可能で、三井住友銀行やジャパンネット銀行なら期日を指定した返済も可能です。

 

プロミスの返済方法は多義にわたります!自分に合った方法で返済を行なう!

 

「プロミス」の知名度はCMなどにより年々上昇しています。カードローン自体の利用者も増加傾向にあるため利用経験のある人、また利用を検討している人も多くいることでしょう。それでもまだ1度も利用したことがない人の方が圧倒的に多いはずです。ネット上には詳しい利用方法についての疑問など多く上がっていますが、中でも返済について詳しく知りたいとの声をよく聞きます。「どのように返済すればいいのか?」「月にどれくらい返済すればいいのか?」「どのくらいのペースなのか?」カードローン初心者の人からしたら疑問は尽きません。また、返済を遅延してしまった場合にどうなるのかを知らない人が多いと思いますが、これに関しては前もって知っておくべきだと言えます。今回はプロミスの返済について、そして遅延の危険性について詳しく見ていきたいと思います。

 

プロミスの返済方法

 

プロミスの返済方法は多岐に渡ります。利用者は自分に合った方法で返済することができるので非常に便利です。では、具体的にどのような返済方法があるのか見ていきましょう。

 

ATM返済

 

ローンカードを使いATMからお金を借り入れるように、ATMからそのお金を返済することも可能です。プロミスの店舗にあるATMはもちろんですが、他にも三井住友銀行のものやコンビニに設置されたものでも利用できます。ATM返済の特徴としては、メンテナンス時間などを除けば実質24時間365日返済が行えるということです。ただ、コンビニのものは手数料がかかってしまうので無料で利用したいという人はプロミスの店舗のものか三井住友銀行のものを使いましょう。

 

インターネット返済

 

インターネット返済とは、インターネットバンキングを使った返済方法です。プロミスではホームページからログインする会員サービスというものを設けており、借入申込から最短10秒で振り込まれる「瞬フリ」やポイントを貯めてATM手数料無料などのサービスと交換できる「ポイントサービス」などの様々なWEBサービスを利用できるのですが、その中にインターネット返済も含まれています。インターネット返済は口座からの引き落としによるものです。プロミスの会員サービスから操作を進め、自分の持っている銀行口座のインターネットバンキングの画面へと進んでいき、返済を行います。ただ、利用できる銀行口座が限られているため全ての銀行には対応していません。プロミスのインターネット返済に対応している銀行は以下の通りです。

 

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ジャパネット銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

 

口座振替

 

口座振替を利用すれば期日に自動的にお金が引き落とされるため手間もかからなければ返済を忘れるということもありません。口座振替の設定も会員サービスから行います。返済期日は銀行によって異なります。三井住友銀行とジャパネットは「5日、15日、25日、末日」のいずれかから選ぶことができ、その他の銀行の期日は5日で統一されています。口座振替は非常に優れた返済方法ではありますが、プロミスを除くとあまり対応している金融機関は比較的少なめです。口座振替に対応していることはプロミスの特徴の1つと捉えられます。

 

プロミスの返済日

 

プロミスの返済日は「5日、15日、25日、末日」のいずれかから利用者自らが好きに選ぶことができます。確実に返済するためのポイントとしては、返済日は給料日の後に設けることが重要です。先ほども言いましたが、口座振替を選択すると三井住友銀行、ジャパネット銀行以外の銀行口座の返済日は5日に統一されています。

 

毎月の返済額

 

プロミスではリボルビング払いという返済方式を導入しています。毎月あらかじめ決められた最低支払金額を支払っていく返済方式です。最低支払金額は借り入れた金額によって決まります。そのため借入金額が大きければ大きいほど1度の返済額も大きくなるものと考えてください。ただ、リボルビング払いにも幾つか種類があり、あらかじめ決められた最低支払金額を毎月返済していく定額方式や借入残高に応じて最低支払金額が変動していく残高スライド方式などがあります。定額方式の場合、借入金額に応じてあらかじめ最低支払金額が提示されるのですが、これら側はその最低支払金額で返済していくこともできますし、余裕のある人はそれ以上の金額に決めることもできます。残高スライド方式の場合、借入残高に応じて毎月の最低支払金額が変動していくので、返済が進めば進むほど返済額も減っていくことになります。毎月の返済額がどのくらいになるのか詳しく知りたい人はプロミスのホームページで返済シミュレーションを利用してみてください。希望する借入金額や借入期間を入力するだけで返済計画をシミュレーションすることができます。

 

遅延の危険性

 

返済を遅延すると、まず自宅に催促の電話、そして督促状が届きます。この時点で返済を済ませれば大きな問題にはなりません。しかし、催促を無視し続けると、最終的には私財の差し押さえが行われます。給料や口座預金、一定価値以上の私財が差し押さえの対象なっています。そのため借金が多ければ車や家が差し押さえられる可能性もあります。ただ、遅延が引き起こすものはこれだけではありません。遅延による罰金、遅延損害金が発生します。遅延を始めた日から1日ごと、借入残高に20%の金利がかかり返済が完了するまで遅延損害金は発生します。当然支払いを免れることはできません。また、遅延すると遅延したことが信用情報に記録されてしまいます。「それだけ?」と感じる人もいるかもしれませんが、これがとても大きなことなんです。信用情報はキャッシングやカードローン、目的別ローンやクレジットカード作成の審査で非常に重要視されるのですが!そこに遅延や債務整理といった所謂トラブル記録が記録されていると審査に通過できないんです。

 

借入期間の長期化に注意!

 

カードローンの利用者なら誰でも金利を気にすると思います。金利は利息を生みますが利用者からしたら余計な出費でしかありません。できるだけ低い金利のカードローンを利用したいと何よりも重視するのではないでしょうか?。ただ、借入期間の長期化にも注意しなければいくら金利が低くても大量の利息が発生してしまいます。実は最低支払金額の返済だけでは借入期間が長期化が恐れがあるのです。と言うのも、最低支払金額の内訳はほぼ利息に費やされているため元金はそれほど減っていないのです。では、効率良く元金を減らしていくにはどうすればよいのかと言うと、追加返済を活用しましょう。追加返済は最低支払金額に上乗せする形の返済となります。追加返済をするかしないかは利用者の自由ですし、もちろん追加返済をすればそれだけの出費が増えることにはなります。ただ、追加返済で支払ったお金は全て元金に充てられるため借入期間の長期化を防ぎ、短期間で完済することにも繋がります。僅かな金額でも良いので余裕のある月は追加返済をしてみてください。

 

プロミスの借入方法・返済方法まとめ

プロミスの返済について、そして遅延がどれほどまでに危険な事か分かりましたか?当たり前の事ですが、必要のない借入はせず、無理のない返済計画を立てるということがとても重要です。無理のない返済計画とは、生活に支障をきたさないということです。もちろん、外食などの不必要な出費はできるだけ抑えるべきと言えますが、生活に支障をきたすような返済状況で無事に完済できるとはあまり思えません。また、返済方法も自分に合った方法を利用する必要があります。返済日のうっかり忘れには口座振替を利用したり、返済日が近づくとメールで知らせてくれる返済日お知らせメールなどを活用して対応すると良いでしょう。また、追加返済をし過ぎて翌月の返済ができないなどの事態にはくれぐれも注意してください。

 

 

プロミス公式サイトへ

おすすめキャッシングランキング

アイフル

アイフル



オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン



アコム

アコム